道具の最近のブログ記事

先日 購入したウォールナットの板。
ようやく 手が加えられました。

カンナくずが ココア色で何だかおもしろい!

worunato-1.JPGworunato-2.JPG半分カンナをかけたところです。
心配していた 水のシミもきれいになり、手ざわりも気持ちよくなりました。
節が抜けてる!!どうするの~? 考えがあるらしい・・・
仕上げはまた次回!
お疲れ様でした。



カンナに 先日仲間入りした彫刻ノミを使って こんなことをしてみました。
「こころ」を いつも忘れず木に向かい合っていきたい。

kanna-kokoro.JPG


新しい砥石が仲間入りしました。
天然砥石です。
値段を聞いて、「 ・・・ 」
でもお安いらしく、〇〇万するものもざらみたいです。
喜んで?! 砥ぐ時間が増えたようです。

toishi.JPG

新しく仲間入りしました!
彫刻刀
欲しかったらしい・・・
これで 何を掘るのでしょうか??
表札? 玄関にある板には鳳凰が彫ってありますが、また何かに挑戦するんでしょうか(+_+)


tyoukokutou.JPG
houou.JPG


「からすぐち」 といいます。
板金屋さんに作っていただきました。
こんな道具もあるんです。
コンパスのような道具のようです?! (すみません。嫁にはうまく説明できません・・・)

karasuguti.JPG

刃物の砥ぎです。
サイズは42ミリの平小鉋です。
中研ぎを終えて、仕上げと合わせ砥ぎに入ります。
天然の合わせ砥石を使用しています。

最近になって、こんなことができるようになりました。
二年ほど前に聞いた話。
  「ある大工さんのカンナの刃は砥石の上に立つ・・・」
それは無理でしょうと思いながら2年ほど過ぎましたが、ずっと頭の片隅にありました。
最近になって遊び心にもチャレンジしてみたところ、出来ました!
手を離すタイミングも砥石と刃先を見ているとわかります。 
言葉では伝えにくいものがありますが・・・
ここまで来るのに16年かかりました。
振り返ってみても、失敗から学んだことの多さに気付きます。
これからも 「砥ぎ一生」 で頑張っていきます。

kanna-ha2.JPGわかりますか?

kanna-ha1.JPG

kanna-ha.JPG

これ 古道具です。
もう少しで処分されるところだったのを、いただきました。
もう必要ないと廃棄される運命だったのです。お金を払って・・・

のみは砥いで、磨いてみました。
使いこまれ、年月を感じる風合い。
どんな木を削ったり、彫ったりしてきたんでしょうね・・・
僕の道具のなかの、初めて買ったカンナ、今でも大切にしています。
使われなくなるのは、淋しいですね。

カンナにもいろいろ種類があって、この中にも、敷居・鴨居などの溝を削る「シャクリガンナ」
があります。

dougu-furu.JPG「チョウナ」
  木の表面をはつって、荒削りする道具。曲げた木に刃をとりつけたもの。
  このチョウナも自作だろう。

dougu-furu1.JPG


カンナもたくさんあります(^^ゞ
電動工具がたくさんあるし、こんなにいろいろなカンナがいるの?と思われる事でしょう。
それぞれ 出番が違うんです。(なかには同じものもありますが・・・)

僕は、のみやカンナなどをブレーキだと今は考えています。
なくてはならないもの。

車で、アクセルとブレーキ。
車がなぜ進めるか?
本田総一郎氏の言葉でブレーキがあるから進める。
会社の経営を見てもアクセルだけの経営が目立つ・・・
そんな言葉が書かれていました。

どんなことにも当てはまるのではないかと思います。
僕の、仕事の中にも電動工具でガンガン進めていくもの、
その逆に、ブレーキをかけながら、鑿や鉋で・・・
そんなブレーキを大切にしていきたい。
ある本に、鉋の削り方を、新聞紙に貼られたテープをはがすように・・・とありました。
まだまだですが、そんなことを少し意識しています。
木の表情がちがうように見えて、何だか嬉しいんですよね。


dougu3.JPG
dougu4.JPG
dougu5.JPG


久しぶりに大工の登場です♪
のみを、並べてみました。それにしてもたくさんあるなぁ(^^ゞ

ひとつひとつに特徴があり、ぼくにとってはある意味生きているものだと思います。
自分の気持ち、自分自身がそのまま表れる。

こんな言葉もある・・・「砥ぎ一生」
奥の深さを感じます。砥ぎの話になると、少し長くなってしまいますが
ひとつ峠をこえると、その峠からまた次の峠がみえるようなもののように感じます。
うまくは伝えることができませんが、どこまでいってもこれでいいということがない。
それぐらい面白いものです。

dougu1.JPG


和工舎のホームページはこちら

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち道具カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは子供です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ